肉体派ライターのブログ

2019年11月よりフィリピン留学中。日本国内600カ所以上、海外は東南アジアを中心に7か国60箇所以上心霊スポット探索してます。恐怖体験・心霊写真・心霊動画など随時募集しております。心霊スポット、旅、釣り、珍スポット等について書きます。Japanese Ghost Hunter Yukinari Hama,Japan Haunted Place【ご連絡は→shinrei.hama@gmail.com】

シーク教寺院で無料食糧配給【タイ旅行 バンコク】

インドに総本山のあるシーク教

 

世界で5番目に大きい主教であり、約3000万人の信者がいるといわれていて、日本にも少数ながらコミュニティはあるようだ。

 

ここバンコクにもシーク教の寺院があり、食料の無料配給を行っているとのことなので行ってみた。

 

f:id:yukinari1204:20180216221600j:plain

インド人で、髭を生やして頭にターバンを巻いているのはシーク教の人たち。

 

 

f:id:yukinari1204:20180216221607j:plain

私が泊まっていた日本人宿のオーナーに案内してもらい、日本人4人で向かった。

 

 

f:id:yukinari1204:20180216221612j:plain

建物に入ると、まずはこの1段低くなっているところの人に靴を預けて、番号札をもらう。

 

 

f:id:yukinari1204:20180216221619j:plain

そして、黄色いターバンを頭に巻いて、髪を隠す。

 

 

f:id:yukinari1204:20180216221628j:plain

これはターバンを巻くカールサー派への配慮のようだ。

 

 

f:id:yukinari1204:20180216221641j:plain

いよいよ二階の食堂に到着。

 

 

f:id:yukinari1204:20180216221633j:plain

器をとって、自分で好きなだけ盛り付けていく。

 

 

f:id:yukinari1204:20180216221654j:plain

赤いカーペットに座って食べる。

 

 

f:id:yukinari1204:20180216221650j:plain

こんな感じ。

イエローカレーとデザートは美味しかったが、豆のカレーはけっこう薄め。

 

この無料食糧配給は「ランガル」と呼ばれ、ヒンドゥー教徒が違うカーストのものと一緒に食事をとらないことへの批判であるそう。

 

f:id:yukinari1204:20180216221652j:plain

寺院の中では常に祈りの声がスピーカーから流れていたのだが、声の正体は3階で行われている大規模な集会のものだった。

 

 

f:id:yukinari1204:20180216221653j:plain

こちらの黄色いターバンの人たちが祈りを捧げている。

その祈りを聞いていると、なぜか心を洗われるような気がしてきた。

 

 

f:id:yukinari1204:20180216221659j:plain

寺院内には外国人の姿も多く、タイ人の学生らしき人たちが取材をしていた。

 

帰り際、靴を返してもらおうと番号札を渡すと、

 

「ありがとうございました!会えてよかったです!また会いましょう!」

 

そう笑顔で日本語を話し、おじちゃんが靴を返してくれた。

 

とても心が温かく、他人を思いやる気持ちの強いシーク教の人々。

 

今回は急いでいたのですぐに帰ったが、もう一度この場所に来て、ゆっくりと祈りに耳を傾けたいと思った。

 

【住所】

571 Chakphet Rd, Wang Burapha Phirom, Phra Nakhon, Bangkok